不労所得で1億円|投資家と経営者のバイブル本【必読書ベスト100】

経済的自由とは?ビジネスと投資を同時に攻略するキャッシュフロー経営を学ぶ!

2018 07/19

【速報】ウォールストリートジャーナル日本版(WSJ)の有料購読がお手頃価格(月額2.260円)まで下がりました!

WSJJ-01.jpg






ウォールストリートジャーナル日本版(WSJ)とは?



出来る投資家や経営者必見!



3年連続で「アメリカでもっとも影響力の高いメディア」として選ばれた



ウォール・ストリート・ジャーナルの電子版。



WSJでしか読めないニュースと分析記事をタイムリーに閲覧でき、



WSJの強みであるFRBなど各国中央銀行に関する記事、



そしてシリコンバレーをはじめIT業界の最新のニュースをキャッチ。



「機関投資家のバイブル」と呼ばれているBARRON'S の日本語記事も閲覧可能。



クリックひとつで簡単に英語原文記事を表示できます。



WSJ主催イベントやセミナーへの優先ご招待などもあります。



1889年に創刊された世界最大の経済、金融専門紙であるウォール・ストリート・ジャーナルは、



企業経営層や機関投資家、政治家のみならず、



政府機関や研究機関、教育機関などに 従事する方々をはじめとする世界のリーダーが愛読する経済紙です。



世界の最新の経済、金融、投資、IT、政治などのニュースと深い分析記事は、



これまでに36回のピューリッツァー賞を受賞するなど世界的に高い評価を受けています。



つまり、アメリカ国内で一番影響力のあるメディアなのです。



金融や経済にはもちろんのこと、シリコンバレーの情報などITにも強く、



最新ガジェットのレビューも掲載されています。



ダウ・ジョーンズ社が発行していてサイトでも読めます。



バロンズはアメリカで最も有名な投資週刊誌の一つであり、金融業界人や機関投資家には必読とされています。



誰が読むの?



私の意見ですが、上場企業への就職を目指している就活生や、



ビジネスマンに成り立ての人、投資家を目指す人や経営者は、まずウォール・ストリート・ジャーナル日本版を読むべきでしょう。



FXや株で稼いでいる投資家やトレーダーと呼ばれている人たちには必須サービスです。



まずは1紙だけでもいいので購読してみましょう。



そうやって少しでも前進することが、ライバルとの差を広げることになります。



私は、アメリカの個別株購入の情報源にしています。これ1誌で充分です。




スマホアプリも使いやすく、見やすいです。



ウォール・ストリート・ジャーナル日本版にはタブレット・スマホアプリが用意されていて、



白を基調としたデザインは非常にシンプルで読みやすいです。



「あとで読む」機能を使えば、スキマ時間に読むのに最適です。



日本株が低迷している今、WSJでアメリカ個別株の最新情報をいち早くキャッチして



タイムリーな投資判断に役立てましょう!







【期間限定】年間購読キャンペーン実施中!→ ウォールストリート・ジャーナル日本版



関連記事

この記事と関連する記事

【速報】ウォールストリートジャーナル日本版(WSJ)の有料購読がお手頃価格(月額2.260円)まで下がりました!

ウォールストリートジャーナル日本版有料購読値下げ期間限定お得

(0)TB(0)

AFTER「聖書に続くベストセラー「真の豊かさとは?」‖No.12「「原因」と「結果」の法則2 」

BEFORE「自己アフィリエイト「ハピタス」‖ 自己資金0から目標約30万以上作るマニュアル

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top