経済的自由を目指す投資家と経営者のバイブル本【必読書ベスト100】

ビジネスと投資を同時に攻略するハイブリッド経営のメリットとは?

2018 03/09

人生の教訓 「恒産なくして、恒心なし」孟子

sea12.jpeg


「こうさんなくして、こうしんなし」もうし

ある一定の財産や収入がなければ、心が整わず、良い仕事ができない」という意味です。

私が30代後半に出会って深く感動した金言です!

おそらく、学生時代にも学んでいるとは思いますが、

当時はこの言葉の持つ重みに気づいてなかったのだと思います。

私は、30代でこの言葉に再会し、深く共感させられました。


若い頃は、「稼いで使う、稼いで使う

を繰り返していても体力や気力でカバーできますが、

50代になってある程度の財産がなければ、そこから得られるリターンもないので、

精神的にも金銭的にも段々と弱ってきます。


出来るだけ若い時期にお金の設計図を描き、

時間と複利を味方につけて、恒産を築きたいと思ったものです。


又、孟子の教えによると、豊かな人生の条件としては?


1)ある程度の財産があり、できれば老後の収入が安定し保証されていること

2)家族関係に不和がなく、友人に恵まれていること

3)趣味が豊かであること

4)普通の健康体であって、病気に悩まされることが少ない

などがあります。

この4つの条件を肝に銘じ、一歩一歩 確実に前に進んで行こうと思います。

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。


See You!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ LINE@お友達募集中!★

無料のビジネス最新情報や投資のノウハウをお送りしてます!

こちらからどうぞ!

友だち追加

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
FXするなら絶対ココ!⬇︎




不動産投資始めるなら絶対ココ!⬇︎


関連記事

この記事と関連する記事

人生の教訓 「恒産なくして、恒心なし」孟子

(1)TB(-)

AFTER「【ハイブリッド経営に導く思考法】私にとっての新財産3分法とは?

BEFORE「このブログについて…(ハイブリッド経営とは?)

COMMENT

  • No.15

    若いうちは欲しいものも沢山あったし稼いだら趣味に注ぎ込んでっていう事結構してました(⌒-⌒; )無くなってもまた働けばいいしって思ってました。そして今(と言ってもまだ30代ではありますが)20代の頃に比べて体力もないですしこれから先の事、定年後の事とか子供の教育費など色んなこと考えたら本気でどうしたら余裕をもった生活ができるのかお金の事もっと真面目に考えていかないとって思います。

    そして最近までお金を増やすならとりあえず銀行に定期組む事が一番だと思ってましたがこれでは全くお話にならないという事を知ったばかりだったので、FXだったり株のことなど色々学べたらと思います。

    投稿者:k.h 2018/04/20 (金) 23:30

MESSAGE

非公開コメント

Top